[matplotlib 3D] 10. 3Dグラフの軸ラベルのoffset

matplotlib 3D

はじめに

matplotlibのmplot3dの3Dグラフでは、グラフを回転させても軸と軸ラベルのオフセットが一定に保たれることを示す。

コード

解説

X, Y = np.mgrid[0:6*np.pi:0.25, 0:4*np.pi:0.25]

np.mgridはmeshgridと同じ。

Z = np.sqrt(np.abs(np.cos(X) + np.cos(Y)))

np.sqrt()は平方根を返してくれて、np.abs()は絶対値を返してくれる。

ax.plot_surface(X + 1e5, Y + 1e5, Z, cmap='autumn', cstride=2, rstride=2)

XとYに1e5を足すことで、自動的にオフセットがかかる様子。
つまり、3Dグラフを動かして、視点を変えてみても常に一定の位置にあるということだと思われる。

+1e5をしなければ、自動的なオフセットはかからないらしい。


反対にひっくり返した場合

反対にひっくり返しても1e5は正常な位置にある。

参考

Automatic Text Offsetting — Matplotlib 3.1.0 documentation
matplotlib 3Dpython
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
サボテンパイソン

コメント