IntSlider

ipywidgets

[ipywidgets] 17. tabで複数のwidgetsを整理して表示

jupyter notebookの対話的にパラメータを選択できる機能(ipywidgets IntSliderなど)をタブで分けて表示する方法について説明する。組み合わせる機能はprofile_lineと表示範囲の調整の2つとした。
ipywidgets

[ipywidgets] 16. IntSliderとprofile_lineで画像の任意の位置の強度プロファイルを取得して表示

jupyter notebookの対話的にパラメータを選択できる機能(ipywidgets IntSlider)で、scikit-image measureのprofile_lineを使って、画像の任意の位置の強度プロファイルを取得して表示する方法について説明する。
ipywidgets

[ipywidgets] 10. IntSliderでデータの移動平均をインタラクティブにプロット

jupyter notebookの対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets IntSlider)で、データの移動平均を対話的にプロットする方法について説明する。
ipywidgets

[ipywidgets] 8. IntSliderでパラメータを調整してコーナー検出

jupyter notebookの対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets IntSlider)で、skimage feature corner_harrisのパラメータを調整して、画像のコーナーを検出する方法について説明する。
ipywidgets

[ipywidgets] 7. RadioButtonsでデータを取得する方向を選択して、IntSliderで3Dグラフの任意の位置のデータをラインで表示

jupyter notebookの対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets RadioButtons, IntSlider)でデータを取得する方向を選択し、3Dグラフ中の任意の位置のデータを線で表示する方法について説明する。
ipywidgets

[ipywidgets] 6. RadioButtonsでデータを取得する方向を選択して、IntSliderで画像の任意の位置のデータをラインで表示

jupyter notebookの対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets RadioButtons, IntSlider)でデータを取得する方向を選択し、画像中の任意の位置のデータを線で表示する方法について説明する。
ipywidgets

[ipywidgets] 5. IntSliderで画像の任意の位置の横方向データをラインで表示

jupyter notebookの対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets IntSlider)で画像中の任意の位置の横方向データを線で表示する方法について説明する。
ipywidgets

[ipywidgets] 4. interactで画像の非線形変換(渦巻き:transform.swirl)

jupyter notebookでは対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets)がある。ここでは、その機能の一つであるinteract, IntSliderを使って、画像を渦巻き状に非線形変換するskimage,transform.swirlのパラメータを調整する方法について説明する。