画像処理

画像処理に関すること

matplotlib Animation

[matplotlib animation] 68. 隣接領域グラフ(RAG)によるmerge_hierarchicalのthresh変化アニメーション

matplotlibのFuncAnimationで画像の色が似ている領域を結合するskimage.feature graph merge_hierarchicalのパラメータであるtheshを変化させたときの画像の変化をアニメーションで表示する。
python

[scikit-image] 62. 隣接領域グラフ(RAG)による色が似ている領域の結合(skimage.feature graph merge_hierarchical)

skimage.feature graphのmerge_hierarchicalを用いて、隣接領域グラフ(RAG)を構築し、似ている色領域を結合する例について説明する。
python

[scikit-image] 61. 画像の一部分を低解像度(ぼかし)にする(skimage.transform pyramid_gaussian, rescale)

はじめに skimage.transform のpyramid_gaussian, rescaleを用いて、画像の一部分を低解像度(ぼかし加工)化する方法について説明する。 コード コードをダウンロード(...
python

[scikit-image] 60. 画像の一部分を低解像度(モザイク)にする(skimage.transform pyramid_gaussian, rescale)

skimage.transform のpyramid_gaussian, rescaleを用いて、画像の一部分を低解像度(モザイク)化する方法について説明する。
python

[scikit-image] 59. グレースケール画像の中から白い塊(ブロブ)を検出する(skimage.feature blob_dog, blob_log, blob_doh)

blob_dog, blob_log, blob_dohなどを用いて、グレースケール画像の中から白い塊(ブロブ)を検出する方法について説明する。
matplotlib

[matplotlib animation] 63. 3D円グラフの面積比率の見る角度による変化

3D円グラフは各要素の比率を正しく示すことができないにも関わらず広く使用されている。その理由として、見た目が良いなどの理由が挙げられるが、一番の理由は、円グラフを3次元的視点でみるので、手前側にある要素を誇張して表現できることだと思われる。ここでは、この誇張効果を定量的に理解するため、円グラフをみる角度によって変化する各要素の面積比率を測定し、角度による面積比率の変化をアニメーション表示することを試みた。
python

[scikit-image] 58. 日本地図を都道府県で分割(skimage.morphology opening, measure.label, filters.sobel)

画像の輪郭をsobelフィルタにより抽出し、抽出した輪郭ごとにラベリングする方法について、都道府県の境界が表示された日本地図のイラストを例として、説明する。
python

[scikit-image] 57. 画像の勾配を利用したWatershedセグメンテーション(skimage.morphology watershed, rank.gradient)

skimage.morphology のwatershedは、画像内の異なるオブジェクトを分離するためのアルゴリズムである。ここでは、画像の勾配を利用してwatershedアルゴリズムによりイラストをセグメント化した例について説明する。