python

pythonに関すること

matplotlib

[matplotlib] 120. picture-jitter plot by sns.stripplot

sns.stripplotではカテゴリ形式のデータの散布図をプロットすることができる。その際、プロットの重なりを抑えるために、プロットをランダムに横方向にずらしたプロットをジッタープロットという。ここでは、ジッタープロットのマーカーに画像を適用する例について紹介する。
matplotlib 3D

[matplotlib animation] 110. Moving grid

matplotlibのFuncAnimationとmplot3dで球体の下と横のグリッドが動くアニメーションを表示する。
python

[toto] 第1317回 totoの対象試合に関するデータ

はじめに 第1317回 totoで行われる試合のチームデータをまとめた結果を以下に示します。下記サイトを参考にしてデータをまとめました。 まとめた内容としては、チームスタイル指標(チャンス構築率, シュート成功...
matplotlib

[matplotlib] 119. hatchで使用可能な模様一覧(ax.fill_between)

棒グラフ(ax.bar)や塗りつぶし(ax.fill_between)では、hatchを設定することで、さまざまな模様をつけることができる。ここでは、ax.fill_betweenを用いて、hatchで使用可能な模様の一覧を表示する。 また、hatchの模様の太さを変える方法についても説明する。
matplotlib

[seaborn-image] 8. scientific_ticksでカラーバーの表記を10のn乗に変更して表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、カラーバーの表記を10のn乗に変更して表示できるscientific_ticksについて説明する。
matplotlib

[seaborn-image] 7. ParamGridで各種フィルタのパラメータを変化させた結果をまとめて表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、各種フィルタのパラメータを変化させた結果をまとめて表示できるParamGridについて説明する。
matplotlib

[seaborn-image] 6. fftplotでフーリエ変換した画像を表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、画像にフーリエ変換した画像を表示するfftplotについて説明する。
matplotlib

[seaborn-image] 5. filterplotで各種フィルタをかけた画像を表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、画像に各種フィルタをかけて表示できるfilterplotについて説明する。