[fitbit] 5.Fitbit APIで所定の期間(1d,1w,1m)の歩数を取得して棒グラフで表示

fitbit

はじめに

fitbitとは、心拍数、歩数や睡眠をトラッキングするために腕に着用するタイプのスマートウォッチです。ここでは、Fitbit APIを使って所定の期間の歩数データを取得してmatplotlibで表示する方法を解説します。

手順

APIの登録など

その1を参照してください。

[fitbit] 1. PythonでFitbit APIを使ってデータ取得 その1 アプリの登録とtokenの取得
fitbitとは、心拍数、歩数や睡眠をトラッキングするために腕に着用するタイプのスマートウォッチです。日々の健康状態を把握するのにとても役立っています。ここでは、Fitbit APIを使ってデータを取得するために、アプリの登録からtokenの取得まで解説します。

fitbit-pythonのインストールなど

その2を参照してください。

[fitbit] 2. PythonでFitbit APIを使ってデータ取得 その2 fitbit-pythonによる睡眠データの取得とmatplotlibによる表示
fitbitとは、心拍数、歩数や睡眠をトラッキングするために腕に着用するタイプのスマートウォッチです。日々の健康状態を把握するのにとても役立っています。ここでは、アプリの登録からtokenの取得までを解説したその1の続きとして、Fitbit APIを使って睡眠データを取得してmatplotlibで表示するところまで解説します。

モジュールのインポート

バージョン

APIの認証

CLIENT_ID, tokenなどを定義

その1で取得したCLIENT_IDとCLIENT_SECRETとtoken.txtをここで使います。token.txtは実行ファイルと同じ場所に置いておきます。

認証

fitbit.Fitbit()により、認証を行います。updateToken関数はtokenの更新用の関数でrefresh_cbupdateTokenとすることでtokenが期限切れの際に随時更新してくれるようになります。

1ヶ月の歩数データの取得と表示

1ヶ月の歩数データの取得

time_series('activities/steps')により歩数データが得られます。base_dateとend_dateにそれぞれ、取得したい日の最初と最後の日を設定します。

データフレームに変換

pd.DataFrame.from_dict によりデータフレームに変換します。

棒グラフで表示

時刻データをpd.to_datetime()にdatetime形式にした後で棒グラフで表示すると以下のようになります。

1週間の歩数データの取得と表示

1ヶ月の場合と同様の方法で1週間分の歩数データの取得と表示ができます。

1日の歩数データの取得と表示

1日の歩数データの取得

1日の歩数データを15分刻みで取得するには、intraday_time_series(‘activities/steps’)を使います。
base_dateに取得する日を設定し、detail_levelに取得データの刻み幅を設定し、start_timeとend_timeにそれぞれ開始時間、終了時間を設定します。

データフレームに変換

pd.DataFrame.from_dict によりデータフレームに変換します。

日付つき時刻データの作成

棒グラフで表示

コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

Overview — Python-Fitbit 0.3.0 documentation
Fitbit Development: Activity & Exercise Logs
You'll fit in here. Using JavaScript, CSS, and SVG, developers now have a fast, easy way to build apps and clock faces for Fitbit OS.

コメント