[PIL] 1. Pythonの画像処理ライブラリPillow(PIL)

python
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PythonのPILによる画像の処理方法

コード & 解説

モジュールのインポート

画像の読み込みと表示

Image.open(‘ファイル名’)で、カレントディレクトリにある画像を読み込む。jupyter notebook上では、変数を入力するだけで、画像が表示される。

白黒画像への変換

Image.convert(‘L’)で白黒画像に変換できる。

画像の保存

im_L.save(‘ファイル名’)で画像を保存できる。

サムネイルの作成

.thumbnail()メソッドで、引数として画像のサイズを指定すれば、サムネイルが生成する。

画像のカット&ペースト

画像の切りとりはcrop()メソッドで引数として、box(left, top, right, bottom)を指定することで、目的とするデータを切り取ることができる。

切り取った画像を90°回転させる処理をregion.transpose(Image.ROTATE_90)で行い、
im.paste(region, box)で同じ場所に貼り付けている。

画像の縮小

画像の拡大、縮小はresizeメソッドで、resize((200,200))のようにすれば、200×200のサイズの画像データが生成する。

画像の回転

画像の回転はrotateメソッドで、引数として、回転した角度を指定すれば、反時計回りに回転した画像が得られる。

スポンサーリンク

参考

実践 コンピュータビジョン | Jan Erik Solem, 相川 愛三 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでJan Erik Solem, 相川 愛三の実践 コンピュータビジョン。アマゾンならポイント還元本が多数。Jan Erik Solem, 相川 愛三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また実践 コンピュータビジョンもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
ギムノカリキウム:海王丸の育て方
    和名海王丸(かいおうまる) 学名Gymnocalycium denudatum‘KAIOMARU'  自生地アルゼンチン、ブラジル 入手場所多肉即売会 入手時期...
スポンサーリンク
python画像処理
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント