[matplotlib] 108. plt.scatterで作成する散布図の点の透明度を配列で設定する

matplotlib

はじめに

plt.scatterで表示する散布図の点の透明度を配列で指定する方法について説明する。

コード&解説

モジュールのインポート

バージョン

データの作成

透明度を配列で指定した散布図を表示

alpha=xとしてxの値に応じて透明度が変化する様子をプロットすると下のように、透明度0で透明、透明度1で不透明となっていることがわかる。

ax.scatter()の文をリスト内包表記で書くと下のようになる。

中心(0,0)からの距離に応じて透明度を調整

データの作成

距離の計算

(0,0)からの距離を計算し、0-1の範囲におさまるように1を加えて逆数をとる。
distance_.min(),distance_.max()で確認した結果、0-1の範囲におさまっている。

図の表示

ax.scatter() でalpha=distance_とすることで中心に近いほど色が濃ゆくなっている散布図を表示できる。

コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

What's new? — Matplotlib 3.4.3 documentation
matplotlibpython
サボテンパイソン

コメント