[matplotlib] 115. 図上に円環または楕円環を表示(patches.Annulus)

matplotlib

はじめに

matplotlib.patchesのAnnulusで図上に円環または楕円環を表示する方法について説明する。

コード&解説

モジュールのインポート

バージョン

円環の作成

matplotlib 3.5から追加されたAnnulusにより円環の設定を行う。

cir_1の場合、(0, 0)は中心の座標、その次の1は円の半径(radius), 0.05は幅(width)で円環の厚みとなる。
cir_2,cir_3にradiuswidthの異なる円環を作成した。

円環の表示

ax.add_patch(cir_1)のようにして、円環を図中に表示する。cir_1が青、cir_2がオレンジ、cir_3が緑の円環となる。

楕円環の作成

ell_1の場合、(0.5, 0.5),は中心の座標、その次の(0.5, 0.25)は楕円の長軸と短軸の長さ, 0.1は幅(width)で円環の厚みとなる。
ell_2に楕円の長軸と短軸の長さを(0.25, 0.5)とした楕円環を作成し、ell_3に中心を(0, -0.5)としたell_1と同じ形状の楕円環の角度を45°回転させた楕円を作成した。

楕円環の表示

ax.add_patch(ell_1)のようにして、円環を図中に表示する。ell_1が青、ell_2がオレンジ、ell_3が緑の円環となる。

円環、楕円環をまとめて表示

上の二つの図をまとめて表示すると以下のようになる。

コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

matplotlib.patches.Annulus — Matplotlib 3.6.0.dev816+g8ddeea17d4 documentation

コメント