[matplotlibの使い方] 12. 目盛り

matplotlib
スポンサーリンク

matplotlibのグラフにおける目盛りの設定方法

グラフの目盛りを調整する方法について

matplotlibでは、グラフの目盛を調整することができる。ここでは、その設定方法について説明する。

モジュールのインポート

major, minor目盛

matplotlibにはmajor目盛とminor目盛がある。通常のプロットでは、minor目盛は表示されないが、logscaleグラフではminor目盛が表示される。

目盛と目盛ラベルを非表示

ax.yaxis.set_major_locator(plt.NullLocator())でy軸目盛が非表示となる。それに伴って、目盛ラベルも非表示となる。
ax.xaxis.set_major_formatter(plt.NullFormatter())で目盛ラベルだけを非表示にすることもできる。

plt.MaxNLocator()による設定

デフォルトの図

axi.xaxis.set_major_locator(plt.MaxNLocator(2))のように、plt.MaxNLocator(#)とすることで、その軸の目盛数の最大数が#個となる。

MultipleLocatorによる設定

ax.xaxis.set_major_locator(plt.MultipleLocator(np.pi))のように、MultipleLocator(#)で#の繰り返しで目盛が設定される。

set_major_locator, set_minor_locatorをplt.MultipleLocator()で設定することもできる。

FixedLocatorによる設定

ax.xaxis.set_major_locator(plt.FixedLocator(majors))のように、目盛をリストで直接指定することもできる。

Linear Locatorによる設定

LinearLocatorにより、軸の最小から最大までの範囲で均等に目盛をつけることができる。

IndexLocatorによる設定

ax.xaxis.set_major_locator(plt.IndexLocator(base=2, offset=1))のように、オフセット値と間隔を指定することで目盛の設定ができる。

Auto Locatorによる設定

AutoLocatorで、ax.xaxis.set_minor_locator(ticker.AutoMinorLocator())のようにすることで、デフォルトで非表示のminor目盛を表示できる。

Log Locatorによる設定

ax.xaxis.set_major_locator(plt.LogLocator(base=10, numticks=5))のようにすることで、基数と目盛数を調整できる。

参考

Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習

コメント