[matplotlibの使い方] 2. ショートコードによるplotの色と線種の設定

matplotlib

はじめに

matplotlibのグラフには、プロットの色と線の種類を簡単に変える方法がある。ここでは、その詳細について説明する。

モジュールのインポート

データの生成

ショートコードによる色の設定

color=’r’のようにすれば、色が反映される。
その他のショートコードとして、g, b, c, m, y, k, w がある。

白が埋もれるので、背景色をax.set_facecolor(‘grey’)により設定している。

ショートコードによる線種の設定

linestyle=’-‘のようにすることで線種を設定できる。

線種、色のショートコードは組み合わせ可能

コードをダウンロード(.pyファイル) コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

コメント