[matplotlibの使い方] 25. 円グラフ(Pie chart) における比率、ラベルの文字サイズ、色の設定方法

matplotlib
スポンサーリンク

matplotlibの円グラフで、文字サイズやカラーを設定する方法

コード

解説

モジュールのインポート

ラベルとデータの設定

labelで各データのラベルの設定をし、fracsで円グラフの大きさを設定している。

図の作成

fig, axs = plt.subplots(2, 2)で2×2の合計4個の図を作成できるようにする。

左上の円グラフの表示

円グラフはax.pie()で表示できる。fracsがデータで、labelがラベルとなっている。
autopctは、構成比率を%で表示する設定で、’%1.1f%%’としているので、小数点以下1桁まで表示される。shadowは影の設定で、Trueで円グラフの背後に影が表示される。

右上の円グラフの表示

colors=[‘g’,’c’,’w’,’r’]のように、色をリストで指定することで、各円グラフの色を設定できる。 explodeの設定でexplode=(0, 0.1, 0, 0)としたので、2番目のシアンだけを少し飛び出すことができる。
autopctは、’%.0f%%’としているので、小数点以下は表示されない。

左下の円グラフの表示

円をradius=1.5とすることで大きくし、 textprops={‘size’: ‘small’}でラベルの文字サイズを小さくしている。 その他の大きさに設定するには、{‘xx-small’, ‘x-small’, ‘small’, ‘medium’, ‘large’, ‘x-large’, ‘xx-large’}から選ぶ。
plt.setp(autotexts, size=’x-large’)で比率の文字サイズを大きくした。 autotexts[0].set_color(‘white’)で0番目のblackthunderの比率の色を白色へと変更している。

右下の円グラフの表示

extprops={‘size’: ‘large’}でラベルの文字サイズを大きくしている。
shadow=Falseで影を非表示にしている。
plt.setp(autotexts, size=’x-small’)で比率の文字サイズを小さくした。

参考

matplotlib.pyplot.pie — Matplotlib 3.0.3 documentation
Pie Demo2 — Matplotlib 3.0.3 documentation

コメント