[matplotlibの使い方] 4. エラーバー

matplotlib
スポンサーリンク
スポンサーリンク

matplotlibにおけるエラーバーを表示したグラフの設定

matplotlibでエラーバーを表示する方法について

matplotlibでは、グラフのデータにエラーバーを表示することができる。ここでは、その設定方法について説明する。

モジュールのインポート

エラーバーを表示したグラフ

plt.errorbar()でyerrを設定すれば、y方向にエラーバーを生やすことができる。x軸方向に生やす場合は、xerrとなる。

上記のようにすれば、視認性の高いエラーバーグラフが作成できる。

エラーバーの値について

yerr = shape(N,)の場合

y_errがyと同じサイズのランダムな数値を持つ配列であるため、yの各データに対して、yerrの値がそれぞれ、適用される。この場合、エラーバーの上と下の長さは同じとなる。

yerr = shape(2,N)の場合

y_err = np.array([np.random.rand(40).T,np.random.rand(40).T])とshapeが(2,40)となっている。この場合、最初のyerr[0,:]が下側のエラーバー、yerr[1,:]が上側のエラーバーとなる。上と下でエラーバーの長さが異なるエラーバーグラフを作成できる。

fmtについて

fmtでデータのプロット方法を設定できる。デフォルトでは’-‘でマーカーなしのラインとなる。noneでデータを非表示にして、エラーバーだけ表示できる。

ecolorについて

ecolorで、エラーバーの色の設定ができる。

elinewidthについて

elinewidthで、エラーバーの線幅を設定できる。

capsizeについて

capsizeで、エラーバーのキャップ(先端)の大きさは設定できる。

capthickについて

capthickで、エラーバーのキャップ(先端)の厚みは設定できる。

barsaboveについて

barsabove=Trueでエラーバーが最前面にくる。

errorevery について

errorevery=3でエラーバーをデータ3個毎にプロットすることができる。

スポンサーリンク

参考

Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習

スポンサーリンク
matplotlibpython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント