[matplotlib] 59. 円グラフの透明度をset_alphaで調整

matplotlib

はじめに

matplotlibのplt.pieで表示する円グラフはalphaによる透明度の設定ができない。そこで、plt.pie()で返ってくるwedgeの透明度をset_alphaで調整することで円グラフの透明度の調整を試みたので、その内容を説明する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポートなど

図の生成

円グラフの作成

ax1.pieで円グラフを表示する。ratiosはデータで、labelsはデータラベル、explodeは飛び出しの量で、angleは最初のデータのスタート角度となる。

透明度の調整

plt.pieをすると、patchestextsautotextsが返ってくる。これらはpatchesが円グラフのWedgeで、textsがラベルで、autotextsが%表示されている数値ラベルとなる。ax1.pieの返り値をp,t,aで受け取り、pのWedgeに対してset_alphaを実行する。pはこの場合、3つあるのでrange(len(p))回繰り返す。

参考

matplotlib.pyplot.pie — Matplotlib 3.3.2 documentation
matplotlib.patches.Patch — Matplotlib 3.3.2 documentation

コメント