[matplotlibの使い方] 8. 凡例

matplotlib
スポンサーリンク

matplotlibにおける凡例の設定

matplotlibで凡例を表示する方法とその設定方法について

matplotlibでは、凡例をplt.legend()またはax.legend()で表示できる。ここでは、その設定方法について説明する。

モジュールのインポート

凡例を表示したグラフの作成

ax.plot()で、labelを設定して、ax.legend()とすれば、凡例が表示される。

一部のplotの凡例を非表示にする

labelを設定しない、もしくは、lebel=”とすれば、凡例に表示されなくなる。

凡例の位置の設定

ax.legend()で、loc=’lower left’のようにすれば、下の左に凡例が配置される。その他の位置は、’best’ , ‘upper right’ , ‘upper left’ , ‘lower left’ , ‘lower right’ , ‘right’ , ‘center left’, ‘center right’,’lower center’ , ‘upper center’ , ‘center’ となっている。

frameon=Falseで凡例の枠線を非表示にできる。

凡例を2列で表示

ax.legend()で ncolを設定することで、表示する列を設定できる。

その他の装飾

fancybox=Trueで枠線の形状が変わり角が丸くなり, framealpha=1で凡例の背景の透明度の設定で、1とすることで不透明にしている。
shadow=Trueで凡例に影が表示されるようになる。
borderpadは各プロットの凡例と枠線の間隔の設定となっている。

凡例を分けて表示する

凡例は基本的にひとつのグラフにひとつしかないので、from matplotlib.legend import Legendでartistとしてのlegendを追加する必要がある。

具体的には、lege = Legend(ax, l2, ‘C’,loc=’lower right’)で凡例を設定して、ax.add_artist(lege)でグラフ上に表示している。

参考

Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習

コメント