[matplotlib animation] 42. データの積算によるノイズリダクションアニメーション

matplotlib Animation
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

matplotlib FuncAnimationによる、データの積算によりノイズを低減させるアニメーションの解説をする。

スポンサーリンク

コード

スポンサーリンク

解説

モジュールのインポート

図とデータの生成

アニメーションの設定

空のリストの生成

アニメーション関数内で作成した図をいれるためのリスト。

アニメーションの関数

古いプロットを消す

図をいれるリスト(plotdata)にすでに図が入っている場合は、plotdata.pop().remove()により、リストな中身を消すことができる。

データの積算

平均0、標準偏差1の正規分布に従う乱数データ(500こ)を所定の回数足し合わせ、足し合わせた回数で割って平均をとっている。

図の表示

プロットして、リストに.append()で追加することで表示できる。

タイトルの表示

積算により変化していく、平均値と標準偏差を求め、タイトルに表示する。

アニメーションの表示

50stepアニメーション関数を実行して、200 ms間隔で順次図をかえていくので、10secのアニメーションとなる。
HTML(ani.to_html5_video())とすればjupyter notebook上にアニメーションを表示できる。

スポンサーリンク

参考

ノイズリダクション - Wikipedia

コメント