[matplotlib animation] 86.円の接線のアニメーション

matplotlib

はじめに

matplotlibのFuncAnimationで円の接線を表示するアニメーションを作成する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポート

バージョン

円データの生成

媒介変数で円のデータを作成する。

アニメーションの表示

x_は接線用のデータで接線の座標yはy_ = (-x0*x_ +100) / y0で表される。ここでx0,y0は接線を引く点を示している。

p1は接線をひく点のデータで、p2は接線のデータとなる。それぞれのデータをset_xdata,set_ydataでセットする。
FuncAnimationでアニメーションを表示する。frame数を100、intervalを30msとし、3秒のアニメーションとする。
HTML(ani.to_html5_video())により、jupyter notebook またはjupyter lab上にアニメーションを表示できる。

ani.save(‘ファイル名’, writer=”ffmpeg”,dpi=100)でアニメーションをMP4形式で保存することができる。

接線を連続的に表示するアニメーション

参考

円の接線の方程式を求める公式の3通りの証明 | 高校数学の美しい物語
座標平面上における円の接線の方程式について。法線を用いた証明,距離公式を用いた証明など。

コメント