[matplotlib animation] 99. マグヌス効果が働く斜方投射

matplotlib

はじめに

空気抵抗があり、マグヌス効果も働く場合の斜方投射をmatplotlibのFuncAnimationで表示する方法について説明する。

解説

モジュールのインポート

バージョン

データの生成

常微分方程式を解くことでデータを生成する。詳細については下記記事で解説した。

[SciPy] 14. scipy integrateのsolve_ivpを使って常微分方程式を解く その2
scipy integrateのsolve_ivpにより、常微分方程式を解くことができる。ここでは、空気抵抗と回転によるマグヌス効果をうける斜方投射を例として、その使い方を説明する。

アニメーションの設定

最初に表示する図の設定

p1,からp4,までプロットを作成しておく。

アニメーション関数の設定

set_dataにより各プロットにデータを適用していくことでアニメーションとする。

アニメーションの表示

軌跡を表示しない版

コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

[SciPy] 14. scipy integrateのsolve_ivpを使って常微分方程式を解く その2
scipy integrateのsolve_ivpにより、常微分方程式を解くことができる。ここでは、空気抵抗と回転によるマグヌス効果をうける斜方投射を例として、その使い方を説明する。
scipy.integrate.solve_ivp — SciPy v1.6.2 Reference Guide
http://ayapin-film.sakura.ne.jp/Gnuplot/Docs/samples

コメント