[NumPy] 3. 配列の形状変換

NumPy

NumPyにおける配列の形状変換

reshapeを用いた配列形状変換

データの生成

np.linspaceは(開始点、終了点、要素数)な配列が得られる。配列の形状は(12,)となる。

reshapeによる変換

reshape(行数,列数)とすることで配列の形状を指定の行数と列数に変換できる。(3,4)とした場合、3行4列の配列となる。もとの形状から変えられる形状以外はエラーとなるので、(3,3)などにはreshapeできない。
(2,6)に変換すると以下のようになる。

reshape(4,-1)とした場合

reshapeで行数を指定して、列数を-1とすれば、適合する列が自動的に設定される。上の例ではreshape(4,-1)とすることで、4行3列の配列へと変換される。

np.newaxis, Noneによる形状変換

列数が1の配列に形状変換する場合は、np.newaxisやNoneを使うことができる。

配列の転置

.Tで配列を転置することが出来る。

コードをダウンロード(.pyファイル) コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

numpy.reshape — NumPy v1.17 Manual
NumPy python
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
サボテンパイソン

コメント