[NumPyの使い方] 7. ブロードキャスト

NumPy
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NumPyによるブロードキャスト

配列の形状が同じ場合

各要素ごとに計算が行われる。

ブロードキャスト

1次元配列のブロードキャスト

配列の形状が異なっても計算できるのがブロードキャスト。
a+2でaの各要素に対して+2した結果が返ってくる。
この方法によって、配列の形状を合わせるという作業が不要になる。

2次元配列のブロードキャスト

np.ones()で3 x 4の要素が1の配列を作成。
それにa=[0., 1., 2., 3.]を足すと、すべての列に対して、aが足されることになる。

形状の異なる配列のブロードキャスト

cはaの配列の形をnp.newaxisによって(1,4)にしたもの。
これをaの配列と足し合わせる。
aの配列の形状は(4,1)であるため、生成する配列の形状は、ブロードキャストされるため、(4,4)となる。

aとcをかけても同様に(4,4)の形状の配列が得られる。

スポンサーリンク

参考

Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習

スポンサーリンク
NumPypython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント

  1. […] [NumPyの使い方] 7. ブロードキャストNumPyによるブロードキャストsabopy.com2018.12.11 […]

  2. […] [NumPyの使い方] 7. ブロードキャストNumPyによるブロードキャストsabopy.com2018.12.11 […]