[NumPyの使い方] 8. NumPyにおける比較演算子

NumPy
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NumPyにおける比較演算子の使い方

データの生成

< x (xより小さい)

2より小さい(2は含まない)要素がTrueとなる。

> x (xより大きい)

2より大きい(2は含まない)要素がTrueとなる。

<= x (x以下)

2以下(2を含む)の要素がTrueとなる。

>= x (x以上)

2以上(2を含む)の要素がTrueとなる。

!= x (xと等しくない)

2と等しくない要素がTrueとなる。

== x (xと等しい)

2と等しい要素がTrueとなる。

2次元配列での比較演算子

2次元配列でも動作し、5よりちいさい要素がTrueとなる。

スポンサーリンク

参考

Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習

スポンサーリンク
NumPypython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント