WindowsオフラインパソコンにcondaでPython環境構築

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

オンラインパソコンでのpython環境構築はanacondaをダウンロードしcondaを駆使することで、簡単にできます。一方、オフラインパソコンはライブラリを事前に準備する必要があるなど、簡単ではないので、その手順について解説します。

スポンサーリンク

手順

オンライン機での作業

minicondaのダウンロード、インストール

ここでは、より軽量なminicondaをダウンロードして、必要なライブラリを入れるというスタイルでいきます。minicondaは下記からダウンロードできます。

Miniconda — Conda documentation

minicondaをオンラインパソコンにインストールします。

ライブラリのダウンロード、インストール

Anaconda Promptを起動して、ライブラリをインストールします。例えばmatplotlibをインストールしたい場合、

conda install matplotlib

のようにしたくなるところですが、ANACONDA CLOUDで、インストールしたいライブラリを検索します。すると下記のページにたどり着くことができます。

Matplotlib :: Anaconda Cloud

このページの、To install this package with conda run one of the following:の下にある、

conda install -c conda-forge matplotlib 

をanaconda promptで実行することでmatplotlibがインストールされます。他のライブラリも同様にしてインストールします。

インストールしたライブラリの確認

matplotlibをインストールした場合、matplotlibだけでなく、関連する多くのライブラリも同時にインストールされます。そこで、

conda list

とすることで、インストールされているライブラリを確認することができます。
このインストールされているライブラリの圧縮ファイル(tar.bz2)がminicondaフォルダの pkgs フォルダ内あるので、conda listで表示されたファイルの圧縮ファイルを別フォルダにまとめてコピーしておきます。

conda listにあるにもかかわらず、pkgsフォルダにtar.bz2ファイルがない場合は、直接ダウンロードして入手します。matplotlibの場合は下記サイトからダウンロードできます。

Files :: Anaconda Cloud

ファイルの移動

ライブラリの圧縮ファイルの入ったフォルダとminicondaのインストーラをUSBか何かにいれてオフライン機に持っていきます。

オフライン機での作業

minicondaのインストール

オンライン機からもってきたminicondaインストーラでminicondaをインストールします。

ライブラリのインストール

次にオンライン機からもってきたライブラリをインストールします。フォルダを適当な場所において、

cd ライブラリの圧縮ファイルを集めたフォルダのパス 

でディレクトリを移動します。次に、

for /f %i in ('dir /A-d /B *.tar.bz2') do conda install %i 

でフォルダ内にあるすべてのtar.bz2形式のファイルに対して、conda install をします。
これで、ライブラリがすべてインストールされます。

スポンサーリンク

備考

オフライン機でjupyter notebookを起動するには、下のコードを実行してインストールされるライブラリが必要でした。

conda install -c conda-forge jupyter 
conda install -c conda-forge notebook 

参考サイトに従って、仮想環境の作成を試みましたが、うまくいかなかったのでroot環境でやりました。(win7)

スポンサーリンク

参考

オフライン環境下にあるPCにAnaconda仮想環境を構築するお話 - Qiita
目的 本記事は、オープンなネットワークへのアクセスを許容していない社内ネットワーク環境のような、クローズドな環境下にある社内サーバ・PCに対して、Anaconda仮想環境を構築するお話です。オンライ...
スポンサーリンク
jupyter notebookpython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント