[seaborn] 4. lineplotで信頼区間つき線グラフを表示する

python

はじめに

seabornは簡単かつ簡潔にデータを可視化できるライブラリである。ここではlineplotにより時系列データの信頼区間つき線グラフを表示する方法について説明する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポートなど

seabornはsnsとしてインポートするのが一般的となっている。
sns.set(style=”darkgrid”)で見た目の設定を変えている。
sns.set_context(‘talk’)で文字サイズを大きくした。

データの読み込み

データは下記サイトから3/8〜10の京都の気象データを取得した。

気象庁|過去の気象データ検索
過去の気象データ検索

3つのDataFrameをconcatで結合し、reset_indexでインデックスを振り直したDataFrameの最初の五行は以下のようになる。

index現地海面降水量(mm)気温(℃)露点温度(℃)蒸気圧(hPa)湿度(%)風速風向日照時間(h)全天日射量(MJ/㎡)降雪積雪天気雲量視程(km)
0011010.21016.60.011.22.57.3553.2東北東NaNNaNNaNNaN20.00
1121009.61016.00.010.83.47.8604.3NaNNaNNaNNaN20.00
2231008.71015.10.010.23.78.0642.2東北東NaNNaNNaNNaN20.00
3341008.51014.90.510.14.18.2660.9北北西NaNNaNNaNNaN9.73
4451007.81014.21.09.76.19.4782.5北東NaNNaNNaNNaN13.40

95%信頼区間つき線グラフの表示

x軸が”時”, y軸が”気温(℃)”の線グラフを作成する。とくに何も設定しなくても、値が複数ある場合は、信頼区間つき線グラフとなると考えられる。

信頼区間を非表示にする

ci=Noneとすることで信頼区間が表示されずに、平均値のデータで構成された線グラフのみが表示される。

標準偏差を表示する

標準偏差を表示する場合にはci=’sd’とする。

参考

Visualizing statistical relationships — seaborn 0.10.0 documentation

コメント