鉢の素材が用土の保水性に及ぼす影響

サボテン

緒言

鉢の種類(素焼き鉢, プラ鉢)が用土の保水性に及ぼす影響について調査しました。

実験

用土はさぼてん・多肉植物の土[細粒](花ごころ)を使用しました。鉢はアップルウェアー製プレステラ90とイタリア製3号素焼き鉢を使いました。

鉢の置き場所は午前中のみ日が当たる東側屋外です。

鉢の重量の経時的な変化から用土の保水性を評価しました。

結果

素焼き鉢の初期重量が高いのは、素焼き鉢のほうが用土が多く、保持している水分量が多いためです。

素焼き鉢のほうが初期水分量が多いにも関わらず、プレステラ鉢より乾燥速度が早く、1日でプレステラ以下となりました。その後も乾燥速度も早いことがわかります。

また、素焼き鉢を触ったところ、気化熱で鉢の熱が奪われ、ひんやりとしていました。

まとめ

素焼き鉢は乾きやすい。

コメント