morphology

matplotlib

[matplotlib animation] 78. add_subplotで作成した複数グラフの回転アニメーション

skimage.morphologyのoctahedronで、大きさの異なる八面体の構造化要素の図をadd_subplotで作成し、それぞれの図の回転アニメーションを表示する。
matplotlib

[scikit-image] 81. サイズの異なる球状の構造化要素を生成(skimage.morphology.ball)

skimage.morphologyのballで、大きさの異なる球状の構造化要素を作成して表示する。
matplotlib

[scikit-image] 80. サイズの異なる八面体の構造化要素を生成(skimage.morphology.octahedron)

skimage.morphologyのoctahedronで、大きさの異なる八面体の構造化要素を作成して表示する。
matplotlib

[scikit-image] 79. サイズの異なる立方体の構造化要素を生成(skimage.morphology.cube)

skimage.morphologyのcubeで、大きさの異なる立方体の構造化要素を作成して表示する。
python

[scikit-image] 57. 画像の勾配を利用したWatershedセグメンテーション(skimage.morphology watershed, rank.gradient)

skimage.morphology のwatershedは、画像内の異なるオブジェクトを分離するためのアルゴリズムである。ここでは、画像の勾配を利用してwatershedアルゴリズムによりイラストをセグメント化した例について説明する。
python

[scikit-image] 56. Watershedセグメンテーション(skimage.morphology watershed)

skimage.morphology のwatershedは、画像内の異なるオブジェクトを分離するためのアルゴリズムである。ここでは、watershedアルゴリズムを用いて、重なった円をそれぞれセグメント化した例について説明する。
matplotlib 3D

[SciPy] 7. ndimage.morphology.distance_transform_edtによる背景からの距離計算

ndimage.morphologyのdistance_transform_edtにより、背景からのユークリッド距離を計算する。
python

[scikit-image] 53. 画像のラベリング(skimage.measure labelなど)

skimage.filtersのthreshold_otsu、morphologyのopening, closingなどによって、画像中の対象物をラベリングする方法について説明する。