[matplotlibの使い方] 1. plotのスタイルについて

matplotlib
スポンサーリンク

matplotlibでplotの見た目を変えるスタイルの設定

matplotlibでスタイルを設定して見た目を変える

matplotlibのグラフはスタイルを変えることでグラフの見た目を変えることができる。ここでは、その詳細について説明する。

モジュールのインポート

スタイルの適用

plt.style.use(‘スタイル名’)でスタイルが適用され、plotの見た目が変化する。

その他の設定可能なスタイルは下記の通り。

図の見た目はスタイルを設定することで容易に変えることができる。その例を以下に示す。

plt.style.use(‘classic’)
plt.style.use(‘fivethirtyeight’)
plt.style.use(‘tableau-colorblind10’)
plt.style.use(‘Solarize_Light2’)
plt.style.use(‘ggplot’)

複数のデータをplotした場合は、plt.plot()を続けて記述すれば良い。

スタイルを2重で設定

スタイルを2重で指定すると、両方のスタイルが混ざったスタイルになる。

ggplot + fivethirtyeight
fivethirtyeight + Solarize_Light2
Solarize_Light2 + fivethirtyeight

スタイルを指定する順序によっても見た目が変わる。

参考

Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習

コメント