[matplotlib] 120. picture-jitter plot by sns.stripplot

matplotlib

はじめに

sns.stripplotではカテゴリ形式のデータの散布図をプロットすることができる。その際、プロットの重なりを抑えるために、プロットをランダムに横方向にずらしたプロットをジッタープロットという。ここでは、ジッタープロットのマーカーに画像を適用する例について紹介する。

コード&解説

モジュールのインポートなど

バージョン

データの作成

ランダムデータのDataFrameを作成する。表示すると以下のようになる。

sns.stripplotでジッタープロットを表示

stripplotで jitter=.1とすることでジッタープロットとなる。

stripplotからデータ取得

p.collections[0].get_offsets().dataのようにすることでstripplotで表示したデータを取得できる。

取得したデータは以下のような形式となっている。

matplotlibのax.plot()で取得したデータを表示

ジッタープロットのマーカーを画像にして表示

画像をプロットする関数

下記ページと同様の関数を用いる。

[matplotlib] 3.マーカーを画像にしてプロット
画像ファイルを読み込んでマーカーのかわりにプロットする方法について説明する。

画像ジッタープロットの表示

画像は下記サイトから取得した。

いろいろなジャムのイラスト
いらすとやは季節のイベント・動物・子供などのかわいいイラストが沢山見つかるフリー素材サイトです。

jitter=0.3とした場合

コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

seaborn.stripplot — seaborn 0.11.2 documentation

コメント