[matplotlibの使い方] 27. 横並び棒グラフ

matplotlib

コード

コードをダウンロード(.pyファイル) コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポート

データの生成

index は np.arange(n)として、今回はn=4なので 0,1,2,3とした。
dataは np.random.randint(1,9,n)で、1から8のランダム整数を4個チョイスした。

横並び棒グラフの表示

一つ目の棒グラフは普通にプロットする。

2つ目の棒グラフは、横軸の表示位置をindex + bar_widthとbar_widthのぶんだけ横にずらす。3つ目の棒グラフはindex + 2*bar_widthとさらにbar_widthのぶんだけずらす。

横軸のラベルの設定は、plt.xticks(index + bar_width, (‘1’, ‘2’, ‘3’, ‘4’))と、ちょうど2番目のグラフの位置に目盛がくるようにすれば、バランスが良くなる。

参考

matplotlib.pyplot.bar — Matplotlib 3.1.1 documentation
http://pineplanter.moo.jp/non-it-salaryman/2018/04/02/python-bar-graph/
matplotlib python
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
サボテンパイソン

コメント