[matplotlibの使い方] 27. 横並び棒グラフ

matplotlib

コード

コードをダウンロード

解説

モジュールのインポート

データの生成

index は np.arange(n)として、今回はn=4なので 0,1,2,3とした。
dataは np.random.randint(1,9,n)で、1から8のランダム整数を4個チョイスした。

横並び棒グラフの表示

一つ目の棒グラフは普通にプロットする。

2つ目の棒グラフは、横軸の表示位置をindex + bar_widthとbar_widthのぶんだけ横にずらす。3つ目の棒グラフはindex + 2*bar_widthとさらにbar_widthのぶんだけずらす。

横軸のラベルの設定は、plt.xticks(index + bar_width, (‘1’, ‘2’, ‘3’, ‘4’))と、ちょうど2番目のグラフの位置に目盛がくるようにすれば、バランスが良くなる。

参考

matplotlib.pyplot.bar — Matplotlib 3.1.1 documentation
Python/matplotlibで複数棒グラフと積上げ棒グラフ | 非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記
Python/matplotlibライブラリで複数の棒グラフを作る際にはちょっとした工夫が必要です。今回は棒グラフを2つ並べる方法と積上げ棒グラフを作ってみます。
matplotlibpython
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
サボテンパイソン

コメント