[matplotlib 3D]37. 円錐(Cone)

matplotlib 3D

はじめに

matplotlib mplot3dにより、円錐を表示する方法について解説する。

コード

解説

モジュールのインポート

3Dグラフの設定

データの生成

円錐は媒介変数でデータを生成する。x,yは、

$$x=rcos\theta\\y=rsin\theta$$

で、円錐は直交座標で

$$z^2=x^2+y^2$$

とあらわせるので、以下のようになり、z=rとなる。Z = R*2.5の2.5はただの係数。

$$z^2=(rcos\theta)^2+(rsin\theta)^2 = r^2(cos^2\theta+sin^2\theta)=r^2$$

軸範囲、軸ラベルの設定

3Dグラフの表示

cmapでグラデーションな色を選ぶことができる。えらべる色の一覧はこちら

上に凸の円錐の場合

上に凸の円錐にしたい場合、Zを反転してあげれば良い。+5することで、さっきの図と同じ表示範囲にデータをもってきている。

参考

コメント