[matplotlib animation] 53. skimage.segmentation.slic()のcompactnessおよびn_segments変化アニメーション

matplotlib Animation

はじめに

カラー画像をk平均法でクラスタリングするskimage segmentation slic を使ってセグメント化する際、パラメータとしてcompactnessおよびn_segmentsを設定する必要がある。ここでは、これらのパラメータがセグメント化の結果に及ぼす影響について調査した。

compactness

コード

コードをダウンロード

アニメーション

compactnessはコンパクトさの指標であり、色の近接性と空間の近接性のバランスをとるパラメータとなっている。値を大きくすると、スペースの近接度が高くなり、スーパーピクセルの形状がより正方形に近くなる。このパラメーターは、画像のコントラストと画像内の対象物の形状に依存するので、0.01、0.1、1、10、100のようにログスケールで変化させて適切な値を調べる。

n_segments

コード

コードをダウンロード

アニメーション

n_segmentsはセグメント化された出力画像の総ラベル数の概算値を設定する。n_segmentsを増加させることでより細かくセグメント化されることになる。

参考

Module: segmentation — skimage v0.15.0 docs
matplotlib.animation.FuncAnimation — Matplotlib 3.1.1 documentation
matplotlib.animation.Animation — Matplotlib 3.1.1 documentation
にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ

コメント