[matplotlib 3D] 15. 3D散布図

matplotlib 3D

はじめに

matplotlibのmplot3dで作成する3次元グラフに散布図をプロットする方法について解説する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポート

データの生成

ランダムな数列を生成する関数np.random.rand(n)のより、n個のランダムな0〜1の配列が生成する。ここではnを50としている。

マーカー種を変化させた散布図の表示

markerを[‘o’, ‘^’, ‘*’]として散布図が表示される。xs, ys, zsは1次元のデータであり、surface_plotのようにnp.meshgridで2次元化する必要はない。

マーカーサイズを変化させた散布図

マーカーのサイズはsで指定する。

マーカーの色を変化させた散布図

markerの色はcolorで指定する。

zの値に応じてカラーマップを適用した散布図

cをzsとして、cmapを指定すればzの値に応じて色が変化する散布図が得られる。

マーカーの線幅を変化させた散布図

linewidthsでマーカーの線幅を変えることができる。

マーカーの透明度を変化させた散布図

alphaでマーカーの透明度の設定ができる。

回転アニメーション

作製した図を回転させると以下のようになる。

回転アニメーションは以下の記事を参考にして作成した。

[matplotlib 3D] 14. 3Dグラフの回転アニメーション
matplotlib mplot3d のグラフの回転アニメーション

参考

mplot3d example code: scatter3d_demo.py — Matplotlib 2.0.2 documentation

コメント