[matplotlib 3D] 16. 複数の3Dグラフを作成

matplotlib 3D
スポンサーリンク

複数の3Dグラフを作成

コード

でできる図。

解説

fig = plt.figure(figsize=plt.figaspect(0.5))

height / width = 0.5 という意味なので、高さの2倍の幅をもつグラフができる。

1個目のグラフ

surf = ax.plot_surface(X, Y, Z, rstride=1, cstride=1, cmap=cm.coolwarm,
                       linewidth=0, antialiased=False)

antialiased=Falseで、境界線が滑らかになるのを防ぐ。Trueにすると、滑らかなSurfaceとなる。

fig.colorbar(surf, shrink=0.5, aspect=10)

colorbarの設定で、shrink=0.5でカラーバーの大きさを半分にする。
aspect=10で、 カラーバー自体の縦横比で、バーを太くしたい場合は5とかにすれば良い。[1]

antialiased=Trueの場合

colorbar aspect=5 の場合

2個目のグラフ

ax.plot_wireframe(X, Y, Z, rstride=10, cstride=10)

このグラフは10個飛ばしでワイヤーを描いているので、間隔を狭めたい場合は、rstride, cstrideを小さくすれば良い。

ワイヤーの間隔を狭めた図

参考

  1. matplotlib.colorbar

コメント