[matplotlib 3D] 3.等高線プロット

matplotlib 3D

はじめに

3次元グラフ上に等高線、塗りつぶし等高線をプロットする例について説明する。

3D等高線

コード

解説

3Dグラフの設定

figsize=(5,5)とすることで縦横比の揃った図としている。

データの生成

等高線

ax.contour3D(X, Y, Z)で3Dグラフに等高線を表示できる。levelsは線の数で20とすることでZを20のレベルにわけて各レベルに線を表示する。cmap=cm.cividisで色の設定ができる。(その他の色はこちら)

その他の設定項目は下記が詳しい。

mpl_toolkits.mplot3d.axes3d.Axes3D — Matplotlib 3.1.1 documentation

等高線のラベル

等高線ラベルは上記のように2Dグラフで表示できるが3Dグラフ上では表示できない。

リボン状等高線

extend3d=Trueでリボン状の等高線を表示できる。

塗りつぶし等高線

コード

解説

contourf3Dで塗りつぶし等高線とすることができる。その他の設定項目は下記が詳しい。

mpl_toolkits.mplot3d.axes3d.Axes3D — Matplotlib 3.1.1 documentation

3D等高線+2D等高線

コード

解説

zdirとoffsetを設定することで、各面に等高線を転写して表示することができる。

コメント