[matplotlib 3D] 7.3D線グラフ

matplotlib 3D
スポンサーリンク

3D線グラフ(媒介変数曲線)

コード

でできる図。

解説

plt.rcParams['legend.fontsize'] = 10

plt.rcParamsでグラフの表示に関する設定が可能。legend.fontsizeは凡例の文字の大きさ。

theta = np.linspace(-4 * np.pi, 4 * np.pi, 100)

np.pi はπのこと。2πで1周なので、-4πから4πだと4周することになる。

z = np.linspace(-2, 2, 100)
r = z**2 + 1
x = r * np.sin(theta)
y = r * np.cos(theta)

rが媒介変数。
np.sin(theta)でsin関数が使える。thetaは°ではなく、ラジアンにする必要がある。[1]

ax.plot(x, y, z, label='parametric curve')
ax.legend()

ax.legend()で凡例を表示。

回転数を変化させた場合

6回転
10回転
18回転

参考

  1. NumPy で数学系の関数を使ってみよう – Python でデータサイエンス

コメント