[scikit-image] 15. 画像のエッジに線を描写する( segmentation.active_contour)

python
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

skimage.segmentation の active_contourを用いて画像のエッジに線を描写する例を解説する。

スポンサーリンク

コード

スポンサーリンク

解説

この例では、画像内のエッジの部分に線を描写する、active_contourの使い方について説明する。

モジュールのインポート

画像の読み込み

active_contourの初期設定

線をひきたい大体の位置が入るように、初期設定の円を作成する。

エッジに該当する部分に描く線の生成

active_contour()でエッジ上に線を作成する。gaussian(img, 3)は、線を描く画像で、ガウシアンフィルタをかけたほうが成功率が上がる。
initは、エッジの初期設定線で、 alphaは線の長さのパラメータ、 betaは線の滑らかさのパラメータ, gammaは時間的なパラメータで小さいほどよい結果となる。

図の表示

初期設定線を赤い点線、エッジに描いた線を青線で表示。

スポンサーリンク

参考

Active Contour Model — skimage v0.15.0 docs
スポンサーリンク
python画像処理
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント