[scikit-image] 18. ランダム図形を描写(draw.random_shapes)

python
スポンサーリンク

skimage.draw の random_shapesによるランダムな図形の描写

コード

解説

この例では、画像内に任意の図形を描写するdraw のrandom_shapesの使い方について説明する。

モジュールのインポート

白黒の四角形の生成

128×128の画像中において、任意の位置に任意の大きさの四角が生成する。

resultは、imageとlabels となっており、imageには画像、labelsにはどのような図形であるかの情報がある。

図形の色の明るさの指定

intensity_rangeを変更することでRGBの取りうる値の範囲を指定できる。
image1は200〜255の範囲なので明色となる。
image4は0〜255なので暗い色も含まれる。

重なり合う画像

allow_overlap=Trueで画像を重なり合わせることができる。

図の表示

参考

Random Shapes — skimage v0.15.0 docs

コメント