[scikit-image] 26. 画像の周囲を補間する(skimage.util.pad)

python
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

ここでは、skimage.utilのpadによる画像の周囲を補間する方法について説明する。

スポンサーリンク

コード

スポンサーリンク

解説

モジュールのインポート

画像データの作成

図の作成

画像の補間

modesのリストに示した方法で補間する。

pad()により、画像の補間ができる。pad_widthをimg[0].shape(10)としているので、補間された画像のサイズは(30,30)となる。
ax[n].plot([9.5, ・・・, 9.5], ‘c–‘, linewidth=0.5)で、元の画像の部分にシアン色の線を表示する。

補間のモード

‘constant’

定数値で補間する。

‘edge’

エッジの値で補間する。

‘wrap’

画像と同様の画像で補間する。

‘reflect’

各軸で反射した画像になるように補間される。

‘symmetric’

各軸に対して対称的になるように補間される。

‘linear_ramp’

end_valueとエッジの値の間での線形補間となる。

‘maximum’

各軸に対して、ベクトルのすべて、または、一部の最大値で補間される。

‘mean’

各軸に対して、ベクトルのすべて、または、一部の平均値で補間される。

‘median’

各軸に対して、ベクトルのすべて、または、一部の中央値で補間される。

図のアスペクト比を揃える設定

スポンサーリンク

参考

Interpolation: Edge Modes — skimage v0.15.0 docs
スポンサーリンク
python画像処理
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント