[scikit-image] 34. 逆畳み込みによる劣化画像の鮮明化(skimage.restoration unsupervised_wiener)

python

はじめに

ここでは、scipy.signalのconvolve2dにより畳み込んだ画像にノイズを加えたあとに、skimage restoration unsupervised_wienerにより画像をデコンボリューションすることで復元する例について説明する。

コード

コードをダウンロード

解説

モジュールのインポート

画像データの読み込み

下のバッテリーの画像を読み込み、rgb2grayにより、グレースケール化する。

画像の畳み込み

上記のようにすることで(6,6)の範囲で画像の配列の畳み込みが2次元で行われる。’same’とすることで得られる画像が元画像とおなじサイズとなる。

これにより畳み込んだ画像にノイズを加えている。

画像の逆畳み込み

unsupervised_wienerを用いることで画像の逆畳み込み(デコンボリューション)が可能。

画像の表示

参考

Image Deconvolution — skimage v0.15.0 docs
scipy.signal.convolve2d — SciPy v1.3.0 Reference Guide
Module: restoration — skimage v0.15.0 docs
バッテリ

コメント