[scikit-image] 50. しきい値処理でグレースケール画像をバイナリ画像に変換

python

はじめに

skimage.filtersのthreshold_otsuによるしきい値処理について説明する。

コード

コードをダウンロード

解説

モジュールのインポート

画像データの読み込み

Epithelantha属の月世界の種子を用いる。rgb2grayによりグレースケール画像とする。

大津の2値化によるしきい値処理

threshold_otsu(image)でimageに大津の2値化を適用したときのしきい値を得ることができる。
そのしきい値でimage > threshのようにすればTrueとFalseのバイナリ画像が得られる。不等号を>から<にすれば、TrueとFalseが入れ替わるので、画像は白黒が反転する。

大津の2値化については下記が詳しい。

大津の二値化ってなんだ…ってなった. - Qiita
# はじめに OpenCVを利用して二値化を行う際, 「とりあえず`cv2.THRESH_OTSU`やっとけばええやろ, ぽいー」って感じでテキトーに二値化してました. 「とりあえずいい感じに動く」って認識だったので, きちんと(?)...

ヒストグラムと画像の表示

左にオリジナル画像、中央にヒストグラム、右にしきい値処理した画像を示す。
ヒストグラムについては下記で説明した。

[matplotlibの使い方] 6.ヒストグラム
matplotlibでヒストグラムを作成するplt.hist()について

異なるしきい値処理を一度に試す

try_all_thresholdで下記の方法でしきい値処理した結果を表示することができる。

skimage.filters.thresholding.threshold_isodata
skimage.filters.thresholding.threshold_li
skimage.filters.thresholding.threshold_mean
skimage.filters.thresholding.threshold_minimum
skimage.filters.thresholding.threshold_otsu
skimage.filters.thresholding.threshold_triangle
skimage.filters.thresholding.threshold_yen

参考

Thresholding — skimage v0.15.0 docs
Module: filters — skimage v0.15.0 docs
Module: filters — skimage v0.15.0 docs

コメント