[SciPy] 27. ミニマムフィルタによる低輝度部分の強調(ndimage.minimum_filter)

matplotlib

はじめに

scipyのndimageのminimum_filterを使って、画像中の低輝度部分を強調して、高輝度部分を目立たなくする方法について説明する。

コード&解説

モジュールのインポート

バージョン

画像の読み込み

サボテン すみれ丸の画像を、plt.imread()で読み込む。

グレースケール変換

skimage.color の rgb2grayでRGB画像をグレースケール画像に変換する。

変換した画像をcmap=”bone”で表示すると以下のようになる。

ミニマムフィルタ

ミニマムフィルタのサイズを10として処理すると、以下のような画像が得られる。高輝度部分である棘が目立たなくなり、棘なしサボテンのようになっていることがわかる。

sizeを変化させた場合

サイズを大きくすることで、高輝度部分がより目立たなくなっていく。

footprintを変化させた場合

footprintでもフィルタをかける範囲を変更できる。ここでは、skimageのmorphologyを使用して、フィルタのかかる範囲を設定した。結果は以下のようになる。

Generate structuring elements — skimage v0.19.2 docs
コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

参考

scipy.ndimage.minimum_filter — SciPy v1.8.1 Manual

コメント