FuncAnimation

その他

[matplotlibで錯視] 10. ムンカー錯視のアニメーション

ムンカー錯視とは、帯状の構造内部にある物体が同じ色であるにも関わらず違った色に見える錯視である。周りの色と同じ色あいに見えるようになる色の同化効果と、反対の色あいに見えるようになる色の対比効果が関係していると言われている。ここでは縞模様の間隔を変化させることで起こる変化をアニメーションで表示する。
matplotlib Animation

[matplotlibで錯視] 8. エビングハウス錯視のアニメーション

エビングハウス錯視とは、相対的な大きさに関連する錯視の一種であり、代表的なのは同じ大きさの円がそれぞれ大きな円と小さな円で囲まれている図である。大きな円で囲まれた円は小さく、小さな円で囲まれた円は大きく見える。ここでは、その変化の様子をアニメーションで表示することを試みた。
matplotlib Animation

[matplotlib animation] 67. 2次元ランダムウォークのヒートマップアニメーション

matplotlibのFuncAnimationで2次元のランダムウォークとそのヒートマップのアニメーションを表示する。
matplotlib Animation

[matplotlib animation] 66. 3次元ランダムウォークアニメーション

matplotlibのFuncAnimationで3次元のランダムウォークアニメーションを表示する。
matplotlib Animation

[matplotlib animation] 65. 2次元ランダムウォークアニメーション

matplotlibのFuncAnimationで2次元のランダムウォークアニメーションを表示する。
matplotlib Animation

[matplotlib animation] 64. 1次元ランダムウォークアニメーション

matplotlibのFuncAnimationで1次元のランダムウォークアニメーションを表示する。
matplotlib

[matplotlib animation] 63. 3D円グラフの面積比率の見る角度による変化

3D円グラフは各要素の比率を正しく示すことができないにも関わらず広く使用されている。その理由として、見た目が良いなどの理由が挙げられるが、一番の理由は、円グラフを3次元的視点でみるので、手前側にある要素を誇張して表現できることだと思われる。ここでは、この誇張効果を定量的に理解するため、円グラフをみる角度によって変化する各要素の面積比率を測定し、角度による面積比率の変化をアニメーション表示することを試みた。
matplotlib Animation

[matplotlib animation] 62. グラフ上にアニメーションの軌跡としてマーカーの残像を表示

グラフ上をマーカーが移動するアニメーションでその軌跡としてマーカーの残像を表示する方法について解説する。