[matplotlibの使い方] 21. ヒストグラム付き散布図

matplotlib
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

matplotlibのaxes_grid1を用いてヒストグラム付き散布図を表示する方法を説明する。

スポンサーリンク

コード

コードをダウンロード
スポンサーリンク

解説

モジュールのインポート

mpl_toolkits.axes_grid1 からmake_axes_locatableをインポートする。

データの生成

x,yは正規分布に従う1500個のデータとなる。

散布図の生成

figオブジェクトを作成して、xとyを透明度0.3でプロット。

ヒストグラム

図の追加

divider = make_axes_locatable(ax)でaxに図を追加できるようにして、divider.append_axes(“top”, 1.2, pad=0.1, sharex=ax)でaxとx軸の設定が同じな、高さが1.2インチの図を0.1インチの隙間をあけて上に追加する。そして、それをaxHistxとしている。axHistyも同様にaxの右側に作成する。axHistyはaxとy軸の設定が同じとなる。

ヒストグラムの表示

上記のようにすることで、データ範囲を網羅する”きれいな”binをつくることができる。axHistyは水平ヒストグラムにする必要があるので、orientation=’horizontal’となる。

ヒストグラムの表示範囲の設定

axHistxのx軸と、axHistyのy軸は、axと同じとなるので、設定する必要がない。

スポンサーリンク

参考

Toolkits — Matplotlib 3.1.1 documentation
スポンサーリンク
matplotlibpython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント