[matplotlibの使い方] 24. 画像

matplotlib
スポンサーリンク
スポンサーリンク

matplotlibでの画像の取扱方法

コード & 解説

モジュールのインポート

画像の読み込み

plt.imread(‘ファイル名’)で、カレントディレクトリにある画像を読み込む。ここでは↓の画像を用いる。

よみこんだ画像のサイズは、

のようになっており、800×800の位置にRGBの色情報が入っているので(800,800,3)となる。

画像の表示

plt.imshow(image)で画像が表示される。

画像の保存

plt.imsave(‘ロフォフォラ.jpg’, image)のように、imsave(‘ファイル名’, 保存したい画像ファイル)とすることで画像が保存できる。imsaveの場合、画像のみが保存され、枠線や目盛などは表示されない。

疑似カラーマップによる表示

RGBのRのデータのみをimshowに渡すと、疑似カラーマップによる表示となる。defaultはviridisであるため、下のようになる。

グレースケールによる表示

cmap=’Greys_r’とすることで、白黒画像となる。

カラーバーの表示

plt.colorbar()でカラーバーが表示される。

ヒストグラムの表示

plt.hist(img.ravel(), bins=256, range=(0.0, 256.0), fc=’lightgreen’)で画像のヒストグラムが作成できる。

コントラストを高める

右の画像は、im2 = grid[1].imshow(img, clim=(45, 180))とヒストグラムの45から180の範囲でカラー設定をしているので、ハイコントラストな画像が得られる。

画像の補間

補間をわかりやすくするため、img.thumbnail((64, 64), Image.ANTIALIAS) で画像を粗くしている。
interpolation=”bilinear”のように、補間方法を指定することで滑らかに保管された画像が得られる。補間方法は、15種類ほどある。

Interpolations for imshow/matshow — Matplotlib 3.1.0 documentation
スポンサーリンク

参考

Image tutorial — Matplotlib 3.1.0 documentation
Interpolations for imshow/matshow — Matplotlib 3.1.0 documentation
ロフォフォラ - Wikipedia
スポンサーリンク
matplotlibpython画像処理
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント