[matplotlib] 78. emojiをマーカーとしてプロットする

matplotlib

はじめに

matplotlibで表示する図のマーカーとして絵文字を用いる方法について説明する。ax.annotateを用いて表示する。
具体的な方法は下記記事の画像をマーカーとして用いる方法と同じとなっている。

[matplotlib] 3.マーカーを画像にしてプロット
画像ファイルを読み込んでマーカーのかわりにプロットする方法について説明する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポート

バージョン

マーカーの設定

マーカーとして’😎’ と ‘😴’ と ‘😃’を用いる。

データの生成と図の表示

ax.plot(x,y,alpha=0)で透明で見えないplotを表示する。これをしておかないとオートスケールが効かない。

emojiの表示

ax.annotateで絵文字をデータポイントと同じ位置に表示する。マーカーを周期的にプロットするために、元データのxとyをスライスしてannotateしている。

itertoolsを用いたやり方

itertools.cycle((‘😎’, ‘😴’, ‘😃’))のようにmarkerを定義してから、annotateでnext(marker)とすれば周期的にマーカーが表示されるようになる。

参考

Changes to the default style — Matplotlib 3.3.3 documentation
unique plot marker for each plot in matplotlib - Stack Overflow

コメント