[matplotlib animation] 35. 田植え

matplotlib Animation
スポンサーリンク

2次元平面(田)にマーカー(苗)が順次出現するアニメーション

コード

解説

モジュールのインポート

図の作成、軸の設定

データの生成

x,y,zは田全体、xx,yy,zzは苗を植える場所に設定。

アニメーション開始前の図の設定

ax.plot_surface(x,y,z)で2次元平面を表示、rstride, cstrideを9とすることで線がでないようにしている。
ax.plot(xx.ravel()[:1], yy.ravel()[:1], zz.ravel()[:1]+0.01)で散布図をプロット。’1’とすることでYのようなマーカーが表示される。

アニメーションの設定

散布図でデータを順次プロットしていく設定。

アニメーションの表示

FuncAnimationでanimationの表示する。updateを48step実行してアニメーションとする。intervalは105 ms なので5秒ほどのアニメーションとなる。
HTML(ani.to_html5_video())でjupyter notebook上にアニメーションを表示できる。

参考

matplotlib.animation.FuncAnimation — Matplotlib 3.0.3 documentation

コメント