[matplotlib animation] 88. imshowでのcmap変化アニメーション

matplotlib

はじめに

plt.imshowで表示した画像のカラーマップを変化させたときの色の変化をmatplotlibのFuncAnimationによるアニメーションで表示する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポート

バージョン

cmapリストの作成

cmapのリストを作成する。

画像データの作成

512 × 512の画像のランダムな点を100000,-100000として、gaussian_filterでボカした画像を用いる。

figの作成

ax.imshowで画像を表示して、make_axes_locatableとappend_axesでカラーバーを表示する。

アニメーション関数

set_cmapでcmapを順次変化させ、タイトルに現在のcmapを表示する。

アニメーションの表示

FuncAnimationでアニメーションを表示する。frame数をlen(cmaps),intervalを250msとして21秒ほどのアニメーションとする。
HTML(ani.to_html5_video())により、jupyter notebook またはjupyter lab上にアニメーションを表示できる。

ani.save(‘ファイル名’, writer=”ffmpeg”,dpi=100)でアニメーションをMP4形式で保存することができる。

参考

Choosing Colormaps in Matplotlib — Matplotlib 3.3.2 documentation
matplotlib.pyplot.set_cmap — Matplotlib 3.3.1 documentation

コメント