[matplotlib 3D] 2.三次元棒グラフ

python
スポンサーリンク

コード

でできる図。

解説

colors = ['r', 'g', 'b', 'y']
yticks = [3, 2, 1, 0]
for c, k in zip(colors, yticks):

要素を同時に取得して使いたい場合は、組み込み関数zip を用いる。[1]
この場合、yticksの3が’r’(赤)と対応する。

xs = np.arange(20)
ys = np.random.rand(20)

np.arange(20)で0〜19までの数列を作成
np.random.rand(20)で0〜1の乱数を20個作成。

cs = [c] * len(xs)

cはcolorsのことなので、全部で [‘r’×20, ‘g’×20, ‘b’×20, ‘y’×20]のcsが出来上がる。

cs[0] = 'c'

ここで、csの0個目は’c'(シアン)となるので、各色の最初の色はシアンとなる。

ここでcs[7]='k'とすると、7番目が黒くなる。

ax.set_yticks(yticks)

でyticksに[3, 2, 1, 0]が入る。これをしない場合、0.5刻みで目盛りが入る。

参考

  1. Python, zip関数の使い方: 複数のリストの要素をまとめて取得 | note.nkmk.me

コメント