[matplotlib 3D] 9.2D&3Dグラフを両方表示

matplotlib 3D
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2D&3Dグラフ

スポンサーリンク

コード

スポンサーリンク

解説

return np.multiply(s1, e1)

multiplyは要素同士の掛け算

fig = plt.figure(figsize=plt.figaspect(2.))
fig.suptitle('A tale of 2 subplots')

figaspect(2.)はアスペクト比(height / width)を2にするとのことなので、縦長となる。

suptitleはグラフのタイトル。
各グラフに個別にタイトルを付ける場合は、ax.set_title(‘###’)を用いる。

ax = fig.add_subplot(2, 1, 1)

add_subplot(2, 1, 1)は、2行1列の1番目の意味、つまり、上の図。

ax.plot(t1, f(t1), 'bo',
        t2, f(t2), 'k--', markerfacecolor='green')
ax.grid(True)
ax.set_ylabel('Damped oscillation')

‘bo’はブルーの丸、’k–‘は黒の点線の意味。
markerfacecolorは丸の中の色の設定。
ax.grid(True)で図にグリッドが表示される。
ax.set_ylabelでy軸のラベルの設定。

t1, f(t1), 'bo't2, f(t2), 'k--'を入れ替えたら、プロット順が代わり青丸が最表面にくる。

プロット順を入れ替えた場合

ax = fig.add_subplot(2, 1, 2, projection='3d')

add_subplot(2, 1, 2)は2行1列の2番目, 下の図のことを指す。

surf = ax.plot_surface(X, Y, Z, rstride=1, cstride=1,
                       linewidth=0, antialiased=False)
ax.set_zlim(-1, 1)

rstride, cstrideは、それぞれy, x軸方向のデータ間隔。大きくすると荒くプロットされる。
ax.set_zlimはz軸の表示範囲設定。

stride, cstrideを変化させた場合

stride = 2
stride = 3
スポンサーリンク

参考

  1. matplotlib.pyplot.suptitle — Matplotlib 3.0.0 documentation
  2. matplotlib.figure.figaspect — Matplotlib 3.0.0 documentation
  3. mplot3d tutorial — Matplotlib 2.0.2 documentation
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ
スポンサーリンク
matplotlib 3Dpython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント