[scikit-image] 11. 画像の凸包(morphology.convex_hull_image)

python

skimage.morphology の convex_hull_image による画像の凸包

コード

解説

この例では、2値化画像の凸包を求める。凸包は、入力内のすべての白いピクセルを囲む最小の凸多角形となる。

凸包 - Wikipedia

モジュールのインポート

データの読み込み

画像をimread()で読み込んで、 > 0とすることで、bool値配列に変換する。

凸包を求める

skimage.morphology の convex_hull_image(image)により、imageの凸包が求まる。

図の表示

凸包部分の可視化

img_as_floatでchullのTrueの部分が1になり、chull_diff[image] = 2でimageのTrue部分が2となるので、もとのimageの部分が2、凸包の部分が1の配列が得られる。
これを表示すると、上図のようにどの部分が凸包されたかがわかる。

参考

Convex Hull — skimage v0.15.0 docs

コメント