[scikit-image] 49. show_rag (skimage.future graph)で領域隣接グラフ(RAG)の表示

python

はじめに

skimage.future graphのshow_ragにより、領域隣接グラフを表示する例について説明する。

コード

コードをダウンロード

解説

モジュールのインポート

画像データの読み込み

コリファンタ属の象牙丸を用いる。

k平均法によるセグメント化

segmentation.slic()により、k平均法によるセグメント化を行う。

隣接境界グラフの生成

rag_mean_color()で画像とそのセグメント化された情報から、領域隣接グラフ(RAG)を構築する。

領域隣接グラフを表示

Imagegridの設定

Imagegridを用いて画像を表示する。Imagegridについては下記で解説した。

[matplotlibの使い方] 19. mpl_toolkits.axes_grid1 の使い方(画像の表示)
axes_grid1のImageGridを用いて複数の画像を表示する方法
[matplotlibの使い方] 20. mpl_toolkits.axes_grid1 の使い方(ラベルとカラーバー)
axes_grid1を用いて複数の画像を表示する際のラベルとカラーバーの設定方法

default settingsの画像

imgとRAGが同じような色調で表示される。

画像とRAGのcmapを変えた画像

グレースケール画像にviridisのRAGを表示した。

参考

Drawing Region Adjacency Graphs (RAGs) — skimage v0.15.0 docs
Module: segmentation — skimage v0.15.0 docs
Module: future.graph — skimage v0.16.1 docs
Module: future.graph — skimage v0.15.0 docs
にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ

コメント