[SciPy] 17. scipy.signal. argrelmin, argrelmaxでデータの極小値、極大値を検出

python

はじめに

scipy.signal.argrelmin, argrelmaxでデータの極小値、極大値を検出する方法について説明する。

コード

コードをダウンロード(.pyファイル)

コードをダウンロード(.ipynbファイル)

解説

モジュールのインポート

バージョン

データの生成

データを図で表示

極小値、極大値の検出

argrelmin(y),argrelmax(y)でそれぞれ極小値、極大値を検出できる。インデックスが取得できる。

極小値、極大値の表示

極小値、極大値をまるで示すと上図のようになる。

ノイズが多いデータの場合

ここでデフォルト設定のまま極小値、極大値を取得すると以下のように多くの値が検出される。

このような場合、orderを変化させることでうまいこといく。

参考

scipy.signal.argrelmin — SciPy v1.7.1 Manual
scipy.signal.argrelmax — SciPy v1.7.1 Manual

コメント